懲りずにド素人がWordPressでブログ開設したったった。ダイジェスト版

ブログ


ブログを立ち上げるのはこれで二度目です。前回と同じように、ヒトデブログ様のサイトを見ながらブログを立ち上げました。


ヒトデブログ様リンク

WordPress(ワードプレス)ブログの始め方を超わかりやすく解説!【初心者でもOK!】

WordPress(ワードプレス)ブログの始め方を超わかりやすく解説!【初心者でもOK!】|hitodeblog
【真似するだけで誰でも出来る!】WordPress(ワードプレス)ブログの始め方を。50枚以上の画像と図解、そして動画を使ってとにかくわかりやすく伝えます。2020年6月27日。情報、画像を最新の物に更新しました。難しいイメージのWordPressですが、きちんと手順通りにやっていけば簡単にブログを始められます。


2020年5月10日に新しく情報を更新されたらしく。経験があるとはいえ、一時間も立たずに契約成功。めちゃくちゃ簡単になってたので、ブログを立ち上げるまでをダイジェストでお届けします。


※2020年6月8日まで限定で全プラン5%OFFキャンペーン中を利用しているので、現在の金額と誤差があるかも知れません。


ステップ1:インターネットの土地(サーバー)を購入しよう

自分でブログを運営するとなったら、まずネット上に自分の文章を置くスペースを確保する必要があります。


そのためには”サーバー”を契約する必要があるわけですね。紹介されている『ConoHa WING』にアクセス!hitodeblogからアクセスすると、500円オフのクーポンが!ありがたく頂戴します。契約は特に難しいところはなく、解説の記事を横目にストレスなく進みます。


私は以前、一年契約をして二日で飽きて一万円をドブに捨てたので、チキって一番安いプランの三ヶ月契約にしました。


三ヶ月の料金は3,448円

一ヶ月換算は約1,149円

一日換算で約38円


うーむ。一日換算すると料金が安く感じてしまう・・・・。さすが買わせるテクニック・・・・。


確かに契約期間を伸ばせば金額を落とせるんですが、前回の教訓もあるので、個人的にチキるのが正攻法からと・・・・。シッパイカラマナベル、オレッテエロイ。


ステップ2:ネット上の家(ドメイン)を手に入れよう。

サーバーはあくまでも土地。ドメインで自分の城を立てて、始めてブログを置く場所ができます。


自分はドメインを住所、って表現するのがちょっとだけわかりづらいと感じたので、自分の城って表現しました。まぁ好みの問題ですね、誤差ですよ誤差。


そんなドメインですが、『ConoHa WING』で土地(サーバー)を契約するとなんと、無料で城(ドメイン)がもらえちゃうんです。いやありがたやありがたや。


※普通にお名前.comで取得するとなると、サーバーよりは安いですが、それでも年間五百円とか七百円くらいとられますからね・・・・。


誰も選んでないだろうセンスのない名前を「.com」で取得。どれ選んでも永久タダなんだから、やっぱcomっしょ!(素並感)自分の城を獲得したので、この課題も楽々クリア。


ステップ3:土地とお城をガッチャンコ!(ドメインとサーバーを紐付けする)

シュンコロですね、わかります。ConoHa様様で迷う暇もありません。あ、余談なんですが、「○ね」とか「自●」とかの〇●って、グーグルの排除対象らしくてですね?YouTuberが伏せ字にするとかには、広告が剥がれないようにするいみがあるらしいですよ。


いや、広告貼ってない身でいうのもあれなんですけども・・・・。グーグルアドセンスのゴミョゴミョも、その内記事にしたいなぁ。


ステップ4:合体したドメインとサーバーに、WordPressを合体させてWIN。

ちょっとした罠(ドメインの選択ミス)はありますが、いまさら雑魚のデータ入力に遅れをとる我ではないわ!!後一踏ん張りと尻を叩き。工事完了です。無事に完走しました。


ステップ5:WordPressの初期設定

一息ついたのも束の間。そのままエクストラステージに突入です。時間を見つけて〜と解説には書いてありますが、絶対に今終わらせた方がよかです。これだけは断言できます。といっても、特別難しいわけではないので、お菓子なんか摘みつつ、YouTubeなんか挟みつつ惰性に乗って片付けてしまいましょう。


始めて見る単語ばかりで、初見はビビるかと思いますが、軽い気持ちでチャレンジして軽い気持ちで諦めて、また気が向いたら挑戦してみてください。一度もぐった時よりも、二度三度潜
った時の方がより深くもぐれるんですから。何事も経験です。


最後までご覧いただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました